消費者金融の限度額

キャッシングローンには限度額があることがあります。それは消費者金融系のキャッシングローン会社での限度額のことです。年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。

 

年収の3分の1となると、かなりの金額に見えるかもしれません。300万円の年収があるとしたら100万円なので、通常の買い物などを行うためにお金を借り入れる際にはそれで特に不自由はしません。

 

しかし、起業をするために借り入れを行うなど、大規模な借り入れを予定している人には弊害になります。元々キャッシングローンには最初は大金を借り入れできないようになっていますが、それでも条件さえクリアできれば大きなお金を借り入れることができます。そうした人にとっては限度額のない銀行系のもので審査をクリアできるようにしなければいけません。

 

貸金法によって限度額ができたというニュースは大きく報道されて知っている人も多いかもしれませんが、実は銀行系のキャッシングローン会社には、限度額の限界はありません。銀行系のものだけ得をするようなシステムになっています。

 

いずれにしてもキャッシングローンはお金の借り入れです。お金を借りているという意識をしっかりもって、計画的に返済してください。

 

計画的に利用ができないような方は銀行カードローンの審査に通過をするのも難しくなってしまうので、しっかりと返済を見据えてから申し込みを進めるようにしなければならないのです。